AIドライバーアシスタント

出発から到着まで、ドライバーをサポート

Pyrenee Drive は交通事故を防止するために生まれたAIドライバーアシスタントです。

カメラ映像や多数のセンサーの情報からAIが運転状況をリアルタイムに判断してドライバーをサポートします。

AIドライバーアシスタントは機体ごとに個別のIDを持ち、ドライバーの好みや行動を学習しながら成長します。

AIドライバーアシスタント

出発から到着まで

ドライバーをサポート

米運輸省道路交通安全局(NHTSA) 2015

交通事故の主な原因は

ヒューマンエラー

交通事故の多くは、ドライバーのヒューマンエラー(車や歩行者の見落とし、発見の遅れ、判断ミス、よそ見、操作ミスなど)から起こります。

安全運転を心掛けていても人間である以上ヒューマンエラーをゼロにすることはできません。

米運輸省道路交通安全局の集計でも交通事故の94%はドライバーに原因があるとされています。

AIが道路上の人や

車の動きを常に把握

Pyrenee DriveのAIドライバーアシスタントは内蔵する強力なGPUを使ってディープラーニング実行し、リアルタイムに歩行者や他の車両、自転車、バイクの存在を認識することができます。

そしてそれらの動きを絶えず追跡し、独自のアルゴリズムによりその先の動きを予測します。

事故が起きないように

ドライバーをアシスト

自車と歩行者や他の車との位置関係を常に把握することで、その先に衝突が起こる危険がないかを常に予測しています。

万一、事故の危険を感知した場合はすばやく具体的にドライバーに危険を知らせて、できるだけ余裕を持って回避ができるようにアシストします。

これにより交通事故の大半を占める見落としなどのヒューマンエラーによる事故を防ぐことができます。

ドライバーのことも見ています

Pyrenee Driveは、ドライバーの相棒として、常にドライバーの方も見続けています。ドライバー側に搭載されているカメラでドライバーの目や顔の向きを捉え、眠気がないかよそ見をしていないかを認識します。

よそ見が続いたり、あくびをしていると心配をして名前を呼んだり声をかけてくれます。また、居眠り運転などの危険を感知すると、大きな音でドライバーを起こしたり、家族や職場に緊急連絡をすることもできます。万一の緊急事態にいち早く気づくこともPyrenee Driveの特徴です。

Pyrenee DriveのAIドライバーアシスタントは常に成長します。

それぞれのユーザーが経験した事故につながりかねない危険な場面のデータをクラウドに集めて、ディープラーニングの追加学習を行います。学習データの蓄積が増えるほどに危険の予測能力が高まり、より多くの場面で正確に危険を予測できるようになったり、より早い段階で危険を感知できるようになります。

みんなの経験を共有し

常に進化し続けます

© 2016-2019 
by Pyrenee Inc.
​製品情報
​会社情報

ニュースメールを購読

© 2016-2019 by Pyrenee Inc. 
東京都千代田区神田練塀町3富士ソフトビル12F
​いinfo@pyrenee.net