2020年7月20日

プレスリリース



元ソニー会長の出井伸之氏が顧問に就任

~AIドライバーアシスタントPyreneeの開発を後押し~






自動車事故削減を目指したドライバー用AIアシスタント『Pyrenee Drive』(ピレニードライブ)を開発する株式会社Pyrenee(代表取締役:三野龍太、以下:ピレニー)は、元ソニー会長でクオンタムリープ株式会社 代表取締役会長 ファウンダーの出井伸之氏を今春より顧問に迎えました。商品開発やマーケティングなどエレクトロニクス分野での豊富な知見を持つ出井氏を迎えることにより、『Pyrenee Drive』発売に向けての準備に拍車をかけて参ります。(※ピレニーは、ドライバー用AIアシスタント『Pyrenee Drive』を開発中のスタートアップです。)


交通事故の最大の原因は見落としや判断ミスなどのヒューマンエラーです。『Pyrenee Drive』は、搭載したAIが道路状況の認識と危険予測を絶えず行い、事故の可能性を感知した場合に素早く音声と画面表示でドライバーに危険を知らせることで、事故の回避をアシストする後付け商品です。購入後もAIが追加学習を続けることで継続的に性能を向上させていきます。

なお、本商品は今年度中の発売を目標としております。

写真:PyreneeDriveデモ機と出井氏

■クオンタムリープ(株) 代表取締役 ファウンダー 出井伸之氏 のコメント

この度、顧問としてピレニーに参加いたしました。

『Pyrenee Drive』は、自動車事故ゼロを目指して開発されており、車のダッシュボードに置くだけで歩行者や自動車の動きを察知してドライバーに知らせます。

自動運転の開発スピードは目覚ましいものですが、実際、全世界の自動車が入れ替わるには長い年月を要するでしょう。『Pyrenee Drive』は、他企業に先駆けてこの過渡期に目を付けた大変ユニークな商品です。顧問として、そして車を愛する一個人として商品化されることが楽しみでなりません。日本のみならず海外においてもドライバーの過失による交通事故を減らす為にピレニーを全面的にサポートしていきたいと考えております。ピレニーをどうぞ宜しくお願い致します。

出井伸之 氏 略歴

1937年東京都生まれ。1960年早稲田大学卒業後、ソニー入社。主に欧州での海外事業に従事。オーディオ事業部長、コンピュータ事業部長、ホームビデオ事業部長など歴任した後、1995年社長就任。以後10年に渡りソニー経営のトップとしてソニー変革を主導。退任後、2006年9月にクオンタムリープ株式会社を設立。大企業変革支援やベンチャー企業の育成支援活動を行う。NPO法人アジア・イノベーターズ・イニシアティブ理事長。社会運動「アドベンチャービレッジ」村長。2020年4月より現職


■(株)Pyrenee代表取締役CEO 三野龍太 のコメント

私が高校生の頃から「格好いい経営者」として憧れていた出井さんが、まさか自分の会社に顧問として参加してくださることになるとは。本当に夢のようで当時の自分に教えてあげたいです。

出井さんは、ソニー時代に世界中の人を楽しませる魅力的な製品を多く生み出し、ベンチャーからグローバル企業へと驚異的な成長を遂げたソニー発展の立役者のおひとりです。そして現在も精力的に活動されるなかで、日本と世界の様々なビジネスの発展に尽力されています。その類まれなセンスとパワーを持つ出井さんが私達ピレニーに参加してくださることで、Pyrenee Driveの製品化とその普及がより高いレベルで実現できることを確信し、とてもワクワクしています。


CEO三野と顧問出井氏

画像のダウンロード




​製品情報
​会社情報

ニュースメールを購読

© 2016-2020 by Pyrenee Inc.